お金

マーケットニュースの読み方とおすすめ!投資初心者向けにコツを解説

投資初心者だけど、マーケットニュースが読めるようになりたい・・

こんにちは、はるきょ(@harukyo110)です。

  • 経済ニュース(マーケットニュース)は、難しい用語が並んでいて難しい・・
  • マーケットニュースの解説をわかりやすくして欲しい・・

 

株式や投資信託などの投資を始めようとしている方にとって、マーケットニュースの見方を知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、証券会社に14年勤めたプロの目から、マーケットニュースの見方についてわかりやすく解説していきたいと思います。

 

この記事は前編があります。よかったら合わせて読んでみてくださいね。

投資の初心者は必見!経済ニュースの見方をわかりやすく解説します 投資の初心者です!ニュースの見方ってどうしたらいいの・・? こんにちは、はるきょ(@harukyo110)です。 ...

マーケットニュースの読み方はここをおさえよう

マーケットニュースは、ぱっと見とっつきにくいです。

読み方のポイントとして2点おさえておくと、断然読みやすくなりますよ。

マーケットニュースの読み方のポイント
  1. ニュースはだいたい時系列に書かれている
  2. 文脈ごとに区切って読む

はるきょ
はるきょ
以下、具体的にニュース記事を見ていきましょう

まずはマーケットニュース記事全体を眺める

例えば2019/5/24のニュースをみてみましょう。

■東京市場概況

前日の米国市場では、NYダウは286ドル安と大幅に続落した。米中貿易摩擦への警戒感が強まったことに加え、世界的な景気減速懸念を背景に幅広い銘柄で売りが優勢となった。

東京市場では、前日の米株急落を受け日経平均株価が続落した。ただ、朝方に大きく売りが先行したものの、その後は漸次戻り歩調。大引けはマイナス圏ながらこの日の高値で着地、TOPIXはプラスだった。

24日の東京市場は、朝方は見送りムード一色。米中貿易摩擦問題が長期化することへの懸念から、前日の米国株市場ではNYダウが一時450ドル近い下落と波乱展開となり、このリスク回避の流れが波及した。為替が1ドル=109円台半ばまで円高方向に振れたことも嫌気されハイテクセクターが売られたほか、原油市況の急落を受け資源関連や石油関連株が大きく値を下げ、全体地合い悪を助長した。しかし、寄り後早々に売りが一巡し、その後は漸次下値を切り上げる展開となった。トランプ米大統領が、ファーウェイを巡り、中国との通商交渉での合意を条件に取引に応じる可能性を示唆する発言をしたことが伝わり、投資家の不安心理が後退した。後場は日銀のETF買いの思惑や、中国株などが底堅い動きをみせたこともプラスに作用した。値上がり銘柄数は値下がりを上回り、TOPIXは小幅高で引けた。

(引用:株探ニュース)

はるきょの夫
はるきょの夫
初心者には読みづらいよね・・ 
はるきょ
はるきょ
そう!なので、文脈ごとに区切って読んでいきましょう 

ニュースは時系列ごとに、文脈を区切って読もう

ニュースの全体像を眺めるとわかりづらいので、文脈を区切って読むのがおすすめです。

だいたい時系列に書かれていることが多いです。

 

上記のマーケットニュースを例に、解説していきたいと思います。

①前日の米国市場

前日の米国市場では、NYダウは286ドル安と大幅に続落した。米中貿易摩擦への警戒感が強まったことに加え、世界的な景気減速懸念を背景に幅広い銘柄で売りが優勢となった。

はるきょの夫
はるきょの夫
ここではアメリカの株式市場について解説されているね

NYダウは大幅に続落(連日下がること)した理由として、以下が挙げられています。

  • 米中貿易摩擦への警戒感
  • 世界的な景気減速懸念

先ほど説明した①の政治の動きが当てはまりそうですね。

②続いて東京市場

東京市場では、前日の米株急落を受け日経平均株価が続落した。ただ、朝方に大きく売りが先行したものの、その後は漸次戻り歩調。大引けはマイナス圏ながらこの日の高値で着地、TOPIXはプラスだった。

これだけだと理由はわかりませんが、日本の株価はアメリカの影響で下がったものの、その後戻ったようですね。

はるきょ
はるきょ
アメリカの株が下がって、その影響で日本も下がったのかな 

③東京市場をさらに詳しく

24日の東京市場は、朝方は見送りムード一色。米中貿易摩擦問題が長期化することへの懸念から、前日の米国株市場ではNYダウが一時450ドル近い下落と波乱展開となり、このリスク回避の流れが波及した。為替が1ドル=109円台半ばまで円高方向に振れたことも嫌気されハイテクセクターが売られたほか、原油市況の急落を受け資源関連や石油関連株が大きく値を下げ、全体地合い悪を助長した。

先ほどと同じ内容がより細かく説明されています。

  • 米中貿易摩擦問題により、株に加え、為替も動いたようです。
  • 円高方向ということなので、ドルが安くなっています。アメリカの政治の動きを懸念して、ドルが売られた可能性がありますね。
  • ハイテクセクター、資源関連、石油関連株が下落ということで、株が下落した要因を細かく説明しています。
はるきょ
はるきょ
為替と、個別の株の状況についての解説ですね

④東京市場の相場展開 続き

しかし、寄り後早々に売りが一巡し、その後は漸次下値を切り上げる展開となった。トランプ米大統領が、ファーウェイを巡り、中国との通商交渉での合意を条件に取引に応じる可能性を示唆する発言をしたことが伝わり、投資家の不安心理が後退した。

売りが終わった後は買われはじめたようですね。理由としては、

  • トランプ米大統領が、中国との通商交渉での合意を条件に取引に応じる可能性を示唆
  • 投資家の不安心理が後退

ということで、懸念されていた米中貿易摩擦問題に前向きな進展が見られたためと考えられます。

はるきょの夫
はるきょの夫
下がっていた株が、途中から切り返して上昇したということか 

⑤東京市場の終了

後場は日銀のETF買いの思惑や、中国株などが底堅い動きをみせたこともプラスに作用した。値上がり銘柄数は値下がりを上回り、TOPIXは小幅高で引けた。

そして最後に、株が上昇して終了(引け)。

  • 日銀のETF買いの思惑 → 大きなお金が株に流れ込んだ?
  • 中国株が底堅い動き → 米中の関係が前向きな進展が見られたため?

という展開となっています。

はるきょの夫
はるきょの夫
ひとつひとつ文面をみていくんだね 
はるきょ
はるきょ
余裕があれば、複数のニュースサイトを見ると色々な切り口でみられるよ

マーケットニュースの見方はわかったけど、おすすめのサイトは?

ここからはマーケットニュースを見る上で、オススメのサイトをご紹介します。

Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンスは、トップページにニュースのヘッドラインがまとめて掲載されているのでチェックがしやすいです。

はるきょの夫
はるきょの夫
1社だけでなくいくつかまとめて掲載しているんだね 
はるきょ
はるきょ
同じニュースでも、色々な切り口で見ることができますね

Yahoo!ファイナンス (外部リンク)

ロイター

ロイターは海外の通信社です。金融機関の人もチェックしているので、より詳細にニュースを知りたい人や投資中級者以上の方にオススメです。

はるきょ
はるきょ
マーケットニュースをチェックする時は、「マーケット」欄から見るのがオススメです。

ロイター (外部リンク)

日本経済新聞

有料ではありますが、日本経済新聞はニュースをしっかり読める媒体です。

最近はオンラインでニュースをチェックできるようになっているので、新聞を広げずとも読むことが可能です。

はるきょ
はるきょ
株式の銘柄を選ぶにあたり、トレンドとなる記事がいくつも掲載されているので目を通しておくことがオススメです

日本経済新聞 (外部リンク)

ブルームバーグ

こちらもやや専門的な内容になりますが、投資情報をしっかりチェックしておきたい人には断然オススメです。

はるきょ
はるきょ
はるきょもブルームバーグから情報を仕入れることが多いです

ブルームバーグ (外部リンク) 

まとめ(マーケットニュースの見方)

マーケットニュースの見方
  • ニュースは時系列で書かれていることが多い
  • 文脈ごとに区切って読むのがオススメ
  • 余裕があれば、複数のニュースサイトを見るといろんな切り口でニュースが見られる

この記事では、投資初心者向けにマーケットニュースの見方を解説しました。

ニュースを読んで、自分の頭で理解し、次の展開を予想しながら売買できるようになると理想的ですね。

それではまた。

はるきょ
はるきょ
記事を読んでも難しい・・相談したい・・という方は、よかったら、Twitter(@harukyo110)でお気軽にお声がけくださいね!
資産運用とは?金融機関に14年勤めたプロとして、わかりやすく解説します 資産運用、何から始めたら良いのだろう・・? こんにちは、はるきょ(@harukyo110)です。 資産運...