コミュニケーション

褒めることは素晴らしい!相手に刺さる言葉を伝えるコツ

こんにちは!はるきょ(@harukyo110)です。

みなさん、褒めることは得意ですか?

ありがたいことに最近Twitterで、大好きな二人からこんなにも温かい言葉をもらいました。(二人ともありがとう・・!)

私としては普段何気なくしていたつもりですが、リアルでも褒めていただく機会が多いので、

今回は私なりに、相手に刺さる言葉を伝えるコツについてまとめてみようと思います。

自己紹介 ~金融機関にて総合職のフルタイムで働くワーママです~はじめまして! はるきょ(@harukyo110)です。 生まれて初めてブログを立ち上げた、アラフォーのワーママです。 二...

Twitterのフォロワーさんを褒める企画がバズった

皆さんは、褒められて伸びるタイプですか?

私は、断然に褒められるのが好きです。

以前Twitterでこのような企画をしたところ、284名の方に参加していただきました。

当時の私のフォロワーさんは500名未満だったことを考えると、いかに褒められたい方が多いのかということを痛感しました。


※たくさんの方に参加いただいたので、もしこのブログを読んでいただいていて、まだ紹介されていないという方はDMお待ちしています

褒めることの効果3つ

実際に、褒めることでどんな効果があるのか調べてみました。

先に結論!褒めることによる効果3つ
  • 相手のやる気をUPさせ、結果が出やすくなる
  • 褒めた相手から、自分のことを褒めてもらうことがある
  • 相手だけでなく自分にも良い影響がある

詳しくは以下でご紹介します。

相手のやる気をUPさせ、結果が出やすくなる

相手に期待をもち、褒める言葉を伝えることで何もしない場合に比べて相手が結果を出せるようになることは、「ピグマリオン効果」と呼ばれています。

ピグマリオン効果(ピグマリオンこうか、英: pygmalion effect)とは、教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。

出典:Wikipedia

ここでは教師と生徒を例に取っていますが、

同じテストを実施した時に、無作為で選んだ生徒に期待をかける言葉を伝えた結果、期待をかける言葉を伝えなかった生徒に比べて成績がよかった、という事例が挙げられています。

つまり相手に期待をもち、褒める言葉を伝えることで、やる気が向上し結果に結びついたということです。

褒めた相手から、自分のことを褒めてもらうことがある

自分に好意を持った相手に対し、その意思を相手に返したくなるという行為は、「ミラーリング効果」と呼ばれています。

つまり相手を褒めると、その相手も自分を褒めてくれる効果がある、ということです。

例えば好きな人ができたとき、その人と同じ文房具を買ってみたり、同じ通学路を歩いてみたり、という経験を持つ人も少なくないと思います。

はるきょ
はるきょ
学生時代のこと、思い出しちゃったな・・ 

自分にも良い影響がある

褒められると脳内からドーパミンという快感ホルモンが放出され、幸せな気持ちになるということがわかっています。

それだけでなく、褒めた人も、相手が幸せな気持ちになっている状態を見ることでドーパミンが放出され、脳が快感を覚えます。

つまり、相手だけでなく、自分にも良い効果があるのです。

相手に刺さる言葉を伝えるコツ

では具体的に、相手に刺さる言葉を伝えるコツをご紹介します。

相手に刺さる言葉を伝えるコツ
  • 闇雲に褒めても相手には刺さらない
  • 相手を知らないと褒めることはできない
  • なぜそう思ったのか、素直な気持ちを伝える

以下詳しく解説します。

闇雲に褒めても相手には刺さらない

相手を褒める、と言っても簡単なことではありません。

というのも、闇雲に褒めても相手には刺さらないからです。

例えば顔をみられた訳でもないのに「可愛いね」「かっこいいね」と言われて嬉しいですか?

相手と話したことがないのに、「頭良いんでしょう?」「仕事できるんでしょう?」と言われても心には響かないのではないでしょうか?

相手を知らないと褒めることはできない

相手を褒めるためには、相手を知るところが大切です。

私が相手を知るために心がけているポイントは以下の3点です。

  • ブログやTwitterで発信している場合は記事やコメントをたくさん読む
  • 相手が発していた言葉や考えていることを控えておき、別のタイミングでその言葉を引用して伝える
  • 見えないところで努力してきたこと、過去の経験などを想像して伝える
はるきょ
はるきょ
営業職など、ビジネスにも応用できるよ!

なぜそう思ったのか、素直な気持ちを伝える

相手の良いところが見えたら、その点を素直に伝えることで初めて相手の心に響くのです。

その時に大切なのは周囲がどう思っているかを気にせず、あくまでも自分がどう思ったのか、ということを伝えるように心がけています。

(例)「〇〇について、私は素晴らしいと思ったよ!なぜなら▲▲だから」

という風に伝えています。

言葉として伝えるための思考力も大切になってきますよ。

はるきょ
はるきょ
思ってもない褒め言葉は、すぐバレるよ!

子どもを叱るときもまずは良いところを認めてから

子育て中、子どもを叱るシーンは多いと思います。

その中で「褒める」ということを心がけるにはどのようにしたら良いかまとめてみました。

褒めてから注意する方法

叱る前に心がけるべきこととして、まずは良いところを見つけて認めてから注意すべき点を伝えることがおすすめです。

(例①)宿題をやらずにTVに夢中になっていた時

「このTV、面白いよね!こんなに集中できる好きなことがあるのは良いことだと思うよ。

ところで宿題大丈夫?寝る時間まであと●分だから、そろそろ進めたほうがいいと思うけどどうしようか」

(例②)おもちゃを片付けない時

「もうこのおもちゃで遊ぶの終わったの?

次のことに集中できるのは良いことだけど、片付けないと部屋が散らかって困るから、一緒にやってもらえると助かるなあ」

はるきょ
はるきょ
無理やり褒める必要はなくて、相手を認める意識をしてみるのが大切。頭ごなしに叱るのはやめよう

子どもは叱られるより、褒められるほうが行動する

大人も同様ですが、なぜ行動するかというと「自分にメリットがある」からです。

上記の例のように、宿題や片付けをしない子どもに対し、その行為を叱るだけだと、

  • 人に命令されたからやりたくない
  • 今やろうと思っていたのに
  • 宿題や片付けなんてなんでやらないといけないの

という気持ちが先行し、行動に結びつきにくくなります。

一方で褒められると、脳内からドーパミンが放出されることで同じことを繰り返したい、という心理が働きます。

つまり、相手に行動して欲しいと思う場合は、叱るよりも褒める・認めることから始めることがオススメです。

はるきょ
はるきょ
私も子どものころ、叱られると反発心からやりたくなくなる、ってことがしょっちゅうだったな・・ 
はるきょの夫
はるきょの夫
今も僕が色々と指摘すると反発するけどね・・ 

闇雲に褒めれば良いという訳ではない

子どもを褒めることが大切、と言っても闇雲に褒めれば良いという訳ではありません。

「〇〇ちゃんは本当に良い子だね」という褒め言葉だと、どうして褒められたのかがわかりません。

また、叱るべき時に叱らないでいると、何が正しくて何が正しくないのか判断ができなくなってしまいます。

褒める時には、なぜ褒めたのかがわかるように伝えることを心がけましょう!

まとめ(褒めるのは楽しい!)

相手に刺さる言葉の伝え方 まとめ
  • 褒めたり期待することで、相手のやる気をUPできる
  • 褒めた相手だけでなく、自分にも良い影響がある
  • 子どもに対して叱る前にまず良いところを見つけて認めよう
  • 闇雲に褒めるのではなく、なぜそう思ったのかを伝えることが大切

今回は相手に刺さる言葉の伝え方についてまとめてみました。

もっと詳しく聞きたい、と思ってくださった方はお気軽にTwitterをフォローいただいたり、話しかけたりしていただけたら嬉しいです!

それではまた。

自分にあったオンラインサロン・コミュニティを見つけて楽しむコツこんにちは!はるきょ(@harukyo110)です。 みなさん、オンラインサロン・コミュニティって入っていますか? ...
ワーキングマザーが手帳の使い方一つで、忙しい日々を楽しくするコツこんにちは!はるきょ(@harukyo110)です。 仕事と子育てを両立していると、日々の時間のやりくりをするのが本当に大変ですよ...
育休明け、仕事ができるのか不安・・自分らしい働き方を考える上で大切なことこんにちは!はるきょ(@harukyo110)です。 妊娠、産休、出産、育休、そして復職・・ 子どもが生まれると仕事への取り...