働き方

時間の使い方をちょっとだけ工夫して、人生を豊かにしよう

こんにちは!はるきょ(@harukyo110)です。

パラレルワーカーになると宣言した私ですが、

  • あれもこれもやって時間足りるの?
  • 子どもみながら1つの仕事をするだけでも大変なのに、パラレルワーカーできるの?
  • どうやって時間のやりくりするの?

という疑問が当然ながら出てきました。

そんな中出会ったこの本に、時間のやりくりを解決するためのヒントがたくさん詰まっていました。

これを読めば、時間のやりくりが上手になること間違いなし!だと思います。
はるきょ
はるきょ
忙しいワーママの皆さんにオススメしたい!

この本の概要

この本の著者である臼井由妃氏は、日本の実業家としてコンサルティングや講演を行うだけでなく、作家としても活躍されています。また、そんな多忙な中でも複数の国家資格を取得している方です。

マネーの虎にも出演されていました。

はるきょ
はるきょ
(アラフォー世代ならご存知の方も多いのでは・・!)

そんな著者の時間管理の方法がまとめられています。

本を読むのが遅い私ですが、1時間程度でサクッと読み終えることができました。

特に心に残った4つのポイント

私が心に残った4つのポイントは以下です。

  1. 決断は15分で出そう
  2. 自分の時間価値を知る
  3. スキマ時間をどう使う?
  4. でも、人に会う時間を惜しんではいけない

決断は15分で出そう

大事なことほど決断を後回しにしてしまいがちな人、多いと思います。

私もそうです。

はるきょ
はるきょ
育休後の働き方の結論を出すまでに3ヶ月はかかっているよ 

この本では、大事なことは15分で決断しようと解説しています。

具体的には、

15分で決断するために
  1. まずはクローズドクエスチョンで自分にYesかNoかを問いかける
  2. その後、15分かけてオープンクエスチョンを出し続ける
  3. 15分後もYesであれば即行動する

私の場合

  1. 育休後も現職で働き続けたいか? → うーん、No
  2. なぜ現職で働き続けるのがNoなのか?
はるきょ
はるきょ
朝、時間に余裕がなくて子どもたちにしわ寄せが行くのが厳しいから・・ 
はるきょ
はるきょ
本当にやりたいことを見つけるための時間を確保する余裕がないから・・
はるきょ
はるきょ
主体的に時間を使いたいから・・ 
はるきょ
はるきょ
現職でこれ以上何をしたいのかという答えが見えなくなってしまったから・・ 

こんな感じで15分問い続け、

やっぱり、現職で働き続けるのはNoだな・・

と判断し、行動にうつす!

といった具合です。

大事なことはじっくり考えたくなりますが、結局だらだら時間ばかり使っても堂々巡りだったりするケースも多いと思います。

決断するためにあの人に話を聞いておきたい、など目的があれば別ですが、あとは自分の中で答えを出すだけという状態なのであれば、熱量が高いうちに決断するというのは大事な手段だと感じました。

素早く動く、6割で見直す、相手にふる

仕事など何か頼まれた時に心がけると良いと感じたポイントです。

言うのは簡単ですが、なかなか実行が難しいところだと思います。

とはいえ、心がけることによって、時間のやりくりが上手になることは間違い無いと思います。

はるきょ
はるきょ
ブログ記事書くのにも当てはまるかな・・笑

素早く動く

とにかく、忘れないうちに、熱量が高いうちに、「素早く動く」ことは大切だと思います。

どうしても動けない時もあるとは思うのですが、時間をかければ良いと言うこともないので、遅くても当日中には動きたいところだと思います。

6割で見直す

完璧なものを作ろうとすると時間がどんどん経ってしまいます。

いずれにせよ直す必要があるのであれば、ある程度形になるであろう6割程度の完成度で見直しを行い、良いと思えばまずは公開してしまうのが良いのではと思います。

相手にふる

依頼されたことを自分だけで抱え続けると、相手も進捗がわからなくて不安になってしまうと思います。

であれば、6割で見直したものを一旦公開し相手にふり、そこから一緒に見直していくほうが完成は早いですし相手の意図を組んだものが出来上がると思います。

時間をかけるほど、相手も見直しさせるのが忍びなくなってしまい、結果として完成度の低いもので妥協することになるのは本末転倒ですよね。

自分の時間価値を知る

最近よく言われていることですが、「自分の時給を知る」と言うことが大切です。

この本で言われていることと私の考えを合わせたものですが、具体的には

  • 月給を時間換算する
  • 給与÷{(1日あたり労働時間+1日の往復移動時間)×出社日数}=自分の時給

で算出します。

例①)月給30万円、1日8時間労働、通勤片道1時間、20日出社の場合

30万円÷{(8+2)×20}=時給1,500円

例②)月給25万円、1日8時間労働、通勤片道15分、18日出社の場合

25万円÷{(8+0.5)×18}=時給1,633円(小数点以下切り捨て)

となり、

通勤時間が少ない②は、月給が低くて出社日数が少ないのに時給は①より高い

と言うことがわかります。

自分の時間価値を元に判断すると、より良い判断をするための物差しになる可能性が高いと思います。

スキマ時間をどう使う?

5分、10分、15分・・というスキマ時間ってあると思います。

特に子育てしながらだと、

  • 子どもが寝た!!今のうちにやっておこう!
  • 授乳中、ちょっとスマホで調べものしたいな・・

などなど、思うことが多々あります。

この本でも、スキマ時間の使い方について紹介されていました。

私なりにアレンジして考えたのが、以下です。

5分・・・ブログ1記事さくっと読む、メールに返信する、気になることをタイトルだけメモしておく、Twitterで呟く内容考える
10分・・・Todoリストを作る、気になったブログ記事をじっくり読む
15分・・・ストレッチ、筋トレ、読書

でも、人に会う時間を惜しんではいけない

気をつけないといけないと思うのは、時間のやりくりに追われすぎて、時間が勿体無いと思いすぎてしまうことだと思います。

特に、人に会う時間は惜しんではいけないと思っています。

営業の仕事をしていたからそう思うのかもしれませんが、大切に時間を使うからこそ、大切な人に会うために時間をかけることによって信頼度が増すと思いますし、直接会って話すことは、より自分を豊かにすると思っています。

なので、大切な人には会いに行く!と言う姿勢は今後も続けたいと思っています。

まとめ

  1. 決断は15分で出そう
  2. 自分の時間価値を知る
  3. スキマ時間をどう使う?
  4. でも、人に会う時間を惜しんではいけない

これらをできる範囲で実践していくと、きっと今よりも時間を上手に使えるようになると思います。

そして時間を上手に使えるようになると、主体的に行動することができるようになるのでとても人生が豊かになると思います。

それではまた。