手帳

ワーキングマザーが手帳の使い方一つで、忙しい日々を楽しくするコツ

こんにちは!はるきょ(@harukyo110)です。

仕事と子育てを両立していると、日々の時間のやりくりをするのが本当に大変ですよね。

  • ワーキングマザーは、手帳とか何使っているんだろう?
  • 手帳は手書き派?デジタル派?
  • 予定をうっかり忘れないためのポイントを知りたい

今回はそんな悩みを解決するための方法をお伝えします。

この記事を読めば、仕事と子育ての両立に忙しい日々が少しラクになり、楽しく過ごすことができるようになります!

なぜなら私自身も、手帳を使うことで時間のやりくりが上手になったからです。

はるきょ
はるきょ
参考になれば嬉しいです!
手帳の使い方 ~2019年に向けて~こんにちは!はるきょ(@harukyo110)です。 平成最後の年、2019年に向けて手帳を購入しました。 今年は育...

ワーキングマザーが手帳を選ぶポイント

手帳を選ぶポイントとして、大事なことは3つです。

手帳を選ぶポイント3つ
  1. 手帳を使う目的を整理する
  2. 手帳を使う場面に合わせて選ぶ
  3. 手帳に費やせる時間に合わせて選ぶ

手帳を使う目的を整理しよう

手帳を使う目的は何でしょう?

人それぞれ違いますが、ワーキングマザーが手帳を使いたい!と思う目的をピックアップしてみました。

  • 家族全員の予定を把握したい
  • 仕事と子育ての時間のやりくりをスムーズにしたい
  • うっかり予定を忘れないようにしておきたい
  • 子どもの成長を記録しておきたい
  • 気になったことをメモしておきたい
  • お金の管理をしたい
  • 夢や目的に向かって記録しておきたい

 

ちなみに私の場合はこんな感じです。

  • 気になったことをメモしたい
  • 勉強のためのメモとして活用したい
  • アウトプットの場にしたい
  • (もちろん)家族全員の予定を把握したい

目的を洗い出したことで、私の場合は「手帳にはメモ欄が多いものが良い」という結論に至りました。

はるきょ
はるきょ
手帳を使う目的を決めておくと選びやすいよ!

手帳を使う場面に合わせて選ぼう

手帳を使う場面を想像してみましょう。

ワーキングマザーの場合、仕事で使うケース、プライベートで使うケース、両方で使うケースに分かれると思います。

手帳を仕事で使うケースの場合

手帳は仕事で使うよ、という場合は

  • タスク管理がしやすい
  • スケジュール管理ができる
  • 会議でのメモ

などで使用することが想定されます。

また、営業などで外に持ち出すかどうかによって、大きさを決める条件になります。

ちなみに私が仕事で使用していたのはこちらでした。

デスクでの作業が多かったため、タスク管理やメモを取ることをメインに使用していました。

手帳をプライベートで使うケースの場合

手帳はプライベートで使うよ、という場合は

  • 家族の予定を把握しておきたい
  • 子どもの成長記録を残しておきたい
  • 自分のための記録をしておきたい

というケースが考えられます。

プライベートで使用する場合は、余白が多いものが使いやすいと個人的には思っています。

ちなみに私は「週末野心手帳」を使用しています。

目的としてはブログのためのメモとして、インプットした内容を書き込んだり、アウトプットするために情報を整理したりしています。

 

手帳を仕事とプライベート両方で使うケースの場合

仕事とプライベート、両方で使うケースも考えられます。

その場合は、スケジュール管理がパッとみてわかりやすいものがおすすめです。

おすすめはこちらのほぼ日手帳weeks MEGAです。

  • サイズ感がコンパクトなので持ち運びに便利
  • 巻末のメモ欄がとにかく多い(213ページ!)
  • マンスリーもウィークリーも方眼形式で書き込める

たくさん書き込めるので、仕事とプライベート両方で使用するのに適していますね。

手帳に費やせる時間に合わせて選ぼう

手帳に悩むワーママ
手帳に悩むワーママ
手帳を買ったのはいいけど、気合いを入れて記入していたのは最初だけだったんだけど・・

ということはありませんか?

毎年選ぶときはワクワクして探すものの、あまり使わなかった・・となってしまわないためのコツとしては、

手帳に費やせる時間がどのくらいあるのか?を考えることです。

特に忙しいワーキングマザーの場合、

時間がないワーママ
時間がないワーママ
手帳書いている暇なんてないんだけど・・

となるケースも多々あります。(私もそうでした)

こんな感じで考えてみるとやりやすくなるので、参考にしてみてくださいね。

手帳に費やす時間の見つけ方
  • 朝の5−10分
  • 昼休みに5−10分
  • 子どもたちを寝かしつけてからの5−10分
  • 週末にまとめて20−30分

はるきょ
はるきょ
大事なのは、「少しでもいいから手帳タイムを作る意識を持つ」ということですよ

ワーキングマザーの手帳は手書き派?デジタル派?

まずは手書きとデジタル両方試してみる

手帳は手書きがいいの?デジタル管理がいいの?

と悩む人は、まず両方試してみるのがオススメです。

私の場合、両方にメリット・デメリットがあると気づいたため、手書きとデジタルの両方を活用しています。

メリット デメリット
手書き
  • イラストなど書きたいことを思い通りにかける
  • 過去のものも、手元ですぐに見ることができる
  • 書き込み忘れるリスクがある
  • 手帳とペンが手元にないと書けない
デジタル
  • スケジュールをすぐに入力できる
  • 家族ともシェアしやすい
  • じっくり記入するのには向かない
  • PCや携帯が手元にないと見られない
  • ビジネスではまだまだ使いづらいことも

手帳をデジタルで活用する方法

我が家で活用しているのはTimeTreeというアプリです。

TimeTreeとは、1000万以上ダウンロードされているスマートフォン用のアプリです。

メリットは以下です。

  • マンスリーで予定を1画面で確認できる
  • リアルタイムで家族とスケジュールをシェアできる
  • スケジュールが近づくと通知でお知らせしてくれる

我が家の場合、夫と私、あとは実家の母とスケジュールを共有することで、子どものお迎えや出張のスケジュール管理などに利用しています。

はるきょの夫
はるきょの夫
まずはここで予定を確認してから仕事のスケジュールを決めてるよ 
はるきょ
はるきょ
予定あるって言ったじゃん!というセリフが最小限になりますよ

ダウンロードはこちらから(外部リンク)

ワーキングマザーが予定をうっかり忘れないためのアイデア3つ

忙しくなると、うっかり忘れてた!ということがよくあります。

少しでも「忘れてた!」という後悔を減らすためのアイデアを3つご紹介します。

その場で記録する

人間は忘れる生き物です。

自分の記憶力を過信せず、予定を入れるときはその場で記録する癖をつけることがオススメです。

その際の手段として、私はTimeTreeを利用しています。

子どもの行事でも仕事でも、とにかくまずは記録しておくことがオススメです。

はるきょ
はるきょ
スマートフォンは常に手元においているケースがほとんどだと思うので、デジタル管理がしやすいですよ

予定は詰め込みすぎないで、増えてきたら減らすことを意識する

人間、できることは限られています。

予定が増えてきたな・・と思ったら、意識的に他の予定やタスクを減らすことを意識するのもオススメです。

実は減らしてもそこまで大きな影響はなかった・・というタスクが残っている可能性もあるので、見直してみるといいでしょう。

エッセンシャル思考を知って、子育ての負担を減らそうこんにちは!はるきょ(@harukyo110)です。 毎日仕事と子育てに追われていると、こんなことありませんか? 子ども...

先の予定の場合、あらかじめ手帳に「いつやるのか」を書き込む

先の予定になるとつい「まだやらなくていいか・・」と後回しにして、いつの間にか予定が迫っている!ということがよくありますよね。

仕事を引き受ける時に使える手段として、あらかじめ手帳に「いつやるのか」を書き込むのもオススメです。

その際、あまり先になりすぎると忘れてしまう可能性があるので、実際に取り組む日から逆算してスケジュールを立てておくと良いでしょう。

例)1ヶ月後に〇〇社へのプレゼンテーション実施

1週間後:プレゼン資料作成のための材料を揃える

2週間後:プレゼン資料のたたき台を作る(完成度6割程度)

3週間後:プレゼン資料を共有するなどして手直しし、完成させる

4週間後:プレゼンの練習をする

本番:プレゼンテーション実施

まとめ

ワーキングマザーの手帳の使い方
  • 手帳を選ぶときは、目的・使う場面・いつ書くかを考える
  • 手書きとデジタルそれぞれにメリット・デメリットがあるのでまずは両方試してみる
  • 予定をうっかり忘れないためには、記録することと詰め込みすぎないことが大事

いかがでしたか?

私もワーキングマザーとして手帳を活用できるようになるまでには時間がかかりました。

しかし、少しずつ実践していくことで下記を達成することができました。

  • 6年間フルタイムで、仕事と子育ての両立を乗り切る
  • 育休中、ベンチャー企業でのインターン、子どもの習い事や予防接種のスケジュール管理、ブログ作成、趣味2つをこなし、有意義な時間を過ごす

バリバリ働く忙しいワーキングマザーの方だけでなく、誰だって、行動すれば自分らしい人生を歩むことができるようになります。

この記事が、そのための参考になれば幸いです。

それではまた。

自己紹介 ~金融機関にて総合職のフルタイムで働くワーママです~はじめまして! はるきょ(@harukyo110)です。 生まれて初めてブログを立ち上げた、アラフォーのワーママです。 二...
育休明け、働き方どうする?選択肢は広げられる!こんにちは!はるきょ(@harukyo110)です。 育休明けに向けて、特に悩ましいのは働き方ではないかと思っています。 ...